生乾き 臭い 理由

生乾きの臭いの理由とは?

スポンサーリンク

特に梅雨の時期など、雨でジトジトして湿っぽいと、余計に生乾きの臭いが服から出てしまいやすいですよね。
生乾きの臭いが発生してしまう理由とは何なのでしょうか?
生乾きの臭いの理由は、洗濯後の服についた雑菌が衣服から落としきれなかった皮脂やタンパク質汚れを栄養にして増殖するためです。
増殖していくときに皮脂を分解するのですが、そのときに臭いが発生してしまいます。
この雑菌というのはどこからやってくるのでしょうか?
実は、原因の雑菌は誰もが持っているのです。
人間の皮膚には、ブドウ球菌という菌が存在しています。
皮膚に存在しているので、着ていた衣服や使用したタオルにはこの菌が付着しているのです。
また、普段使用している洗濯機にも、衣服を通して菌が残ってしまっていることもあります。
このため、衣服には菌が残らないようにきちんと洗う必要があります。
きちんと除菌ができていないと服に菌が残ってしまうのです。

スポンサーリンク

この残ってしまった菌は適度な温度と湿度があれば増殖していきます。
つまり、洗濯物が乾く前の状態と言うのは、非常に菌が増殖してしまいやすい環境なのです。
この環境を作ってしまうことも生乾きの臭いができてしまう理由になります。
例えば、雨が降っている時や花粉症の時期などは部屋干しをしてしまいますよね。
人によっては、常に部屋干しと言う方もいらっしゃるかも知れません。
部屋干しであれば雨に打たれたりする心配はありませんが、きちんと換気を行うなどして湿気を取り除いてあげないと、どんどん菌が増殖してしまいます。
増殖してしまった菌が、洗濯物に残ってしまった皮脂汚れ等を分解するときにあのいやな臭いが発生してしまうのです。
ですので、生乾きを防ぐためには、以下がポイントになりますね。
・服の菌を殺菌する。
・皮脂やタンパク汚れをきちんと落とす。
・菌が増殖しないうちにしっかりと洗濯物を乾かす。
ポイントをしっかりと押さえて、生乾きの嫌なにおいとサヨナラしたいですね。

スポンサーリンク

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<