生乾き 臭い 応急処置

生乾きの臭いの応急処置の方法とは!?

スポンサーリンク

しっかりとお洗濯をして乾かしたはずなのに、いざ着てみようとすると変な臭いがするってことありませんか?
あるいは、出かける時には臭いを感じなかったのに、着ているうちにだんだんと変なにおいがしてきてしまったというご経験があるかたもいらっしゃるのではないかと思います。
こんなとき、すぐに臭いを取り除くための応急処置の方法があればいいですよね?
何か良い方法はないのでしょうか?
臭いの原因というのは、服についてしまった雑菌です。
適度な湿り気や温度があれば増殖して臭いを発生させてしまいますので、出かける時の乾いた服ではにおいに気が付かなかったけれど、着ているうちに汗などが衣服について菌が増殖してしまい、においが感じられるくらいにまでなってしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

このような原因を解消するには、正しい方法でお洗濯をするというのが正攻法なのですが、出先では洗濯なんてしていられないですよね。
このような場合はやむを得ないので、市販の消臭スプレーを購入して吹きかけましょう。
消臭スプレーの香りや除菌効果によって、ある程度は臭いを緩和させることができます。
また、出先の施設にドライヤーなどがあれば、それを服にあてることで、乾かしたり、ドライヤーの熱で多少殺菌することもできます。
それ以外には、着替えとなる物を購入するとか、コインランドリーを活用するなどの方法が考えられますが、なかなか外出中は大変ですよね。
タイミングをみて消臭スプレーを活用されることをお勧めします。
消臭スプレーだけで、完全に生乾きの臭いを取り除くことはなかなか難しいですが、それでも全く効果がないわけではありませんし、その場をしのぐだけであれば、ある程度は期待が持てるでしょう。
梅雨時期などの生乾きになりやすいような時期には、小さめのスプレーを常に携帯していても悪くないでしょう。
帰宅されてから、今後は臭いが発生しないように、生乾きの臭い対策の方法を理解して、正しいお洗濯をしましょう。

スポンサーリンク

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<