服 生乾き 臭い 取る

服についてしまった生乾きの臭いを取る方法とは?

スポンサーリンク

雨の日や花粉の飛ぶ季節、あるいは夜間など、部屋干しをせざるを得ないときってけっこう多いですよね。
そのときに心配になってくるのが服の生乾きと、それに伴うあの妙な臭いです。
あれを何とかして取る方法はないのでしょうか?
生乾きの臭いは、その原因をきちんと理解した上で正しいお洗濯の方法を押さえていれば取り除くことは簡単です。
生乾きの原因と言うのは、人間の皮膚に存在している菌が衣服についてしまうことで、それが繁殖することで臭いが発生してしまいます。
ですので、菌を服から取り除くことと、増やさないように気をつけることが、生乾きの臭いを取る方法になります。
この菌というのは熱に非常に弱いため、熱めのお湯に洗濯ものを数十分漬けこんでおけば死滅させることができます。
同様に、酸素系の漂白剤を使えば、衣服に付着した原因菌をやっつけることが可能です。

スポンサーリンク

さらには、洗濯槽も月に1度くらいの頻度で定期的に洗浄すると良いでしょう。
菌と言うのは服だけではなく、洗濯槽にも残っていることが多いため、洗濯槽から服へと菌が移ってしまうことを防ぐのも重要なポイントだからです。
お洗濯が終わった後は、できるだけ早く乾かしてしまいましょう。
洗濯物が湿っている状態は、菌が繁殖するのにとても適した環境となっています。
少しでも早く乾燥させることで菌は増えることができなくなりますので、可能な限り早く水分を飛ばすことが大切です。
一番理想的なのは乾燥機を使用することですが、乾燥機がない場合には、エアコンの除湿機能や扇風機、換気扇などを用いることが効果的です。
もちろん、日当たりと風通しの良い屋外の干せるのであれば部屋干しよりも効果的です。
このようにきちんと対策すれば、服についた生乾きの臭いをとることは難しくありません。
なるべくであれば部屋干しは避けておきたいところではありますが、それでもどうしても部屋干ししなければいけないときなどはしっかり対策していきたいですね。

スポンサーリンク

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<