ワイシャツ アイロン 生乾き

アイロンで解決!ワイシャツの生乾きの対処方法とは?

スポンサーリンク

生乾きの臭い対策として、ワイシャツが文字通り生乾きの湿っている状態の時にアイロンがけをしてしまうと言う方法があります。
生乾きの臭いは、きちんと乾いていない状態の時に、衣服に付着してしまった臭いの原因菌が増殖してしまうことで発生します。
しかし、アイロンをしっかり掛けてあげることで、その熱によって原因菌は死滅してしまいますので、臭い対策としては非常に効果的な方法ですね。
ワイシャツが乾くスピードも上がりますので、より菌が増殖する可能性は低くなり、その結果として臭いも発生しにくくなります。
ただし、この場合には菌が増殖して臭いが強くなっていく前にアイロンによる対策が必要にはなってきます。
また、臭い対策の他にも生乾きのワイシャツにアイロンをかけることにはメリットがあります。
それは、アイロンが普段よりも比較的楽にかけられると言うことです。

スポンサーリンク

生乾きの時にアイロンをかけると、しわがとてもきれいに伸びます。
これだけでも、洗濯をしてある程度時間がたった後のタイミングでアイロンをかけるメリットがあると言えるでしょう。
ただし、気をつけなければいけないのは、アイロンがけが終わっても全体がきちんと乾ききっていないことがあるということです。
例えば縫い目の部分などが微妙に湿っている状態でアイロンがけが終わってしまうことがあります。
それに気が付かずに畳んでしまうと、残った水分によって新たに菌が増えやすい環境を作ってしまうことになりますので、まだ乾ききっていないと言う場合は、たたまずに少し乾かしてあげることが必要ですね。
そのような意識を持っているだけでも、生乾きによる臭いを少なくしていくことができるようになります。
アイロンの熱を上手に利用して、ワイシャツを生乾きの臭いから守ってあげたいですね。
特にも襟の部分などは皮脂汚れも残りやすく、菌の温床になりやすいので注意しましょう。
これらの点に注意をしたうえで、ワイシャツの生乾きを防いでいくようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<