ポロシャツ 生乾き 臭い

ポロシャツから生乾きの臭いがとれない!効果的な対策方法は?

スポンサーリンク

何回洗ってもポロシャツから生乾きの臭いが取れないっていうことありますよね。
毎回きちんと洗っているはずなのに、どうしてポロシャツについた臭いは全然取れなくなってしまうのでしょうか?
これは、実はポロシャツに原因があるのではなく、ポロシャツについてしまった菌と、落としきれなかった皮脂汚れやタンパク汚れが原因になっています。
菌と言うのは、人間の皮膚に通常存在しているものが生乾きの臭いの原因となっています。
特にもポロシャツというのは素肌と直接触れ合いやすいものでもあるので、皮膚についている菌が付着しやすいものでもあります。
また、素肌と触れ合うことが多いと言うことは、皮脂汚れやタンパク汚れも付着しやすく、放置しておくと落ちにくくなってしまう部分もありますよね。
これらの残ってしまった汚れを栄養にして菌が繁殖してしまうために、あの独特な嫌な臭いが発生してしまうのです。
このように、タンパク汚れが残ってしまいやすい洗濯物ほど、生乾きの臭いが発生してしまいやすくなります。

スポンサーリンク

これを解消してしまうには、原因となっている菌をしっかりとやっつけることが一番簡単です。
この菌は熱に非常に弱い性質があり、50℃ほどのお湯につけておくだけでも死滅してしまいます。
このときに、漂白剤などによる殺菌も行うことができれば、なおよいでしょう。
お湯でしっかりとやっつけた後は、通常通りお洗濯をして、乾かします。
先程きちんと殺菌しているのであまり心配しなくても良いかも知れませんが、洗濯機などから少し菌が移ってしまっている可能性も考えられるので、乾かす時間はなるべく短くしましょう。
扇風機などで直接風を当てればすぐに乾かすことができますので、多少ポロシャツに菌が残ってしまっていたとしても、増殖できないほどの短時間で乾かしてしまえば問題にはなりません。
毎回熱湯で殺菌すると生地が傷んでしまう恐れもありますので、ときどきお湯で菌をやっつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<