デニム 生乾き 臭い

デニムの生乾きの臭いを取るにはどうしたらいいの?

スポンサーリンク

デニムは生地も厚く、乾かすのに時間がかかってしまいますので、生乾きになってしまうことも多いですよね。
そんなデニムから生乾きの臭いを取るためにはどのようにすればよいのでしょうか?
乾かすためにも時間がかかりやすいものですので、きちんとした対策が必要になってきそうですね。
よくやってしまいがちな対策としては、何回も何回も洗濯をするという方法があります。
一見効果があるように思えますが、実は、普通に洗濯機で洗うだけでは生乾きの臭いは解消されないのです。
では、生乾きの臭いが発生してしまう原因としてはどのようなものがあるのでしょうか?
生乾きで臭いが発生してしまうのは、衣服についてしまった雑菌が服でどんどん増えてしまうことにあります。
ですので、この菌そのものを衣服から取り除いてあげる必要があるのです。

スポンサーリンク

菌を取り除くために一番良い方法は、50℃くらいのお湯につけてあげることです。
生乾きの臭いの原因菌は、熱にとても弱いという特徴があります。
ですので、熱めのお湯に漬けこんでおけば、原因となる菌をやっつけることができるのです。
さらに、このお湯に酸素系の漂白剤を入れておけば、より効果的です。
また、デニムは乾くのに時間がかかってしまうことが多いのですが、これも臭いを発生させてしまう原因となります。
菌はジメジメした環境を好み、そのなかで増殖していくので、なるべく早く乾かさないと次々に菌が増えて臭いが強くなってしまいます。
乾燥機やエアコン、扇風機などを利用して、少しでも早く乾くように工夫をしましょう。
さらには、ただ単に干しておくだけではなく、腰回りの部分や太ももの部分などを少し広げておくことによって、空気の循環を良くすることができれば、より早く乾かしていくことができるようになります。
これらのようなポイントを押さえたうえで、しっかり対策をとれば、これまで悩まされ続けてきたデニムの生乾き問題も解決します。
ポイントをしっかりと頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

 

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<