ブラジャー 生乾き 臭い 洗濯

ブラジャーを洗濯したら生乾きの臭いが…どうすればいいの?

スポンサーリンク

見た目はまだまだ綺麗で使えそうなのに、なんだかブラジャーから変な臭いがする…
そのようなことでお困りではありませんか?
何回もきれいに洗濯しているのに生乾きの変な臭いがしてくると辛いですよね。
一体どうすれば生乾きの臭いを消すことができるのでしょうか?
そもそも、この生乾きの臭いというのは、人間の皮膚に存在している菌が乾ききっていない洗濯物のなかで増殖する時に発生してしまうものになります。
下着の場合は直接肌に触れるものになりますので、菌や皮脂などが特にも付きやすいですね。
ですので、この臭いを消すためには菌を増殖させないことが大切なポイントになってきます。
では、どうすれば菌を増殖させないことができるのでしょうか?
そのためのやり方は非常に簡単です。

スポンサーリンク

50℃程度の熱いお湯に酸素系の漂白剤を入れ、そのなかにブラジャーをつけておきます。
数十分から1時間程度で十分でしょう。
これによって、下着にくっついてしまった菌をやっつけることができます。
菌をきちんとなくすだけでも生乾きによる臭いが発生しにくい状況を作っていくことは可能になります。
あとは通常通りお洗濯をして乾かせば完了です。
理想としては乾燥機を利用してすぐに水分を飛ばすことが効果的なのですが、型崩れなどをしてしまうと困ってしまうと思いますので、きちんと菌そのものを除去することに力を注ぎましょう。
これで、生乾きの嫌な臭いから解放されるはずです。
下着の場合には、どうしても部屋干しになってしまいがちですが、それでも上記のような対応をきちんとしておけば、生乾きのいやな臭いを抑えることはできるでしょう。
また、ブラジャー以外の衣服も生乾きになってしまっている場合には、洗濯槽そのものに菌が存在している可能性も考えられます。
洗濯槽クリーナーも市販されていますので、月に1回程度、定期的に洗濯槽をお掃除することもおすすめします。
服だけではなく、洗濯機自体も清潔に保つことが大切であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<