生乾き 臭い わからない

自分の生乾きの臭いがわからないときは

スポンサーリンク

生乾きは本当に嫌な臭いですよね…
周囲の人からあの臭いがするのも嫌ですが、自分があの臭いを発しているのではないかと思うと不安になってきますよね。
しかし、中にはあの臭いがわからない人、感じない人もいるようです。
確かに、人によって臭いに対する感度は違いますので、仕方のないことなのかもしれません。
また、自分の臭いというのはやはりなかなかわかりにくいものです。
自分から臭いが出ているかどうかわからなくても仕方がないと言えるでしょう。
自分の生乾きの臭いがわからなくて不安な場合は、家族や友人など、周囲の人に率直に臭いについて聞いてみるのもいいでしょう。
近い存在であるからこそ、あちらからはなかなか話してくれないでしょうが、こちらから正直なところ臭うのか臭わないのか教えてほしいと話せば、誠実に話をしてくれるでしょう。
しかし、周りには恥ずかしくてなかなか聞けないという場合もあります。
誰にも聞けないときにはどうすればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

誰にも聞けない時には、生乾きの臭いがどんな時にしてくるかについて意識するとよいでしょう。
どこに移動しても臭いがしてくるような場合には自分が原因である可能性が高くなってきます。
また、誰にも感想を聞けないのであれば、きちんと対策するほかありません。
生乾きの臭いが発生してしまう原因は、雑菌が繁殖してしまうことにあります。
また、繁殖には洗濯物に残った皮脂汚れなどが必要になります。
ですので、例えば熱いお湯に洗濯物をつけて菌を殺してから洗濯をしたり、洗濯物を溜めこみ過ぎずにこまめに洗い、皮脂汚れをしっかりと落としてあげることなどが必要になります。
菌は熱によってやっつけることができますし、加えて漂白剤などを活用することによってさらにその数を減らすことができます。
実際に洗濯機で選択を開始する前にお湯につけ置きして菌を取り除くのも効果的です。
きちんと原因を取り除けば、問題は解決します。
臭いに気付きにくい人も、そもそも臭いを発生させないようにしっかり対策すれば良いのです。
周囲に変な臭いだと思われないようにしたいですね。

スポンサーリンク

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<