パーマ 臭い 生乾き

パーマ後の生乾きの臭い対策

スポンサーリンク

パーマを行った後に、時として生乾きのような臭いがしてくることがあると言います。
パーマした後に、髪の毛から生乾きのような臭いがしてくるということもあるのでしょうか?
確かに、髪の毛からも生乾きの臭いがしてくるということはあるようです。
ですので、髪の毛からくる生乾きの臭い対策も日ごろから行っていく必要があると言えるでしょう。
髪の毛から生乾きの臭いが発生してくる原因として考えられるのは、衣服からしてくる生乾きの臭いの原因と同じく、皮脂汚れと、それを分解する菌の存在です。
衣服の場合には、洗濯した時の皮脂汚れの残りに対して、皮膚に存在している菌が付着し、それが増殖していくときに臭いが発生してきます。
頭皮の場合も元から皮脂も菌も存在している環境にあるため、生乾きの臭いが発生しやすいのです。
この髪から発生してくる生乾き臭いを対策するためには、やはりきちんと髪の毛や頭皮を乾燥させる必要があります。

スポンサーリンク

シャンプーなどを行った時には、自然乾燥を行ったり、中途半端に乾かすのではなく、きちんと髪の毛の根元の方から乾かすように心がけましょう。
毛先を乾かすことだけ意識してしまっていると、根元の方が乾かないでしまって、そこから生乾きのような臭いがしてくることがあります。
そのような状態を防ぐためにも、しっかりと乾かすように気を付けましょう。
なお、生乾きの臭いではなく、パーマ液の臭いが強く感じられるという場合もあります。
自分にとって、そのパーマ液の臭いが不快なものでなければいいのですが、もしもその匂いが気になるような時にはパーマをかけた美容院に行って相談してみるようにするといいでしょう。
パーマをかけてからしばらくの間は、このパーマの臭いが強く出てきてしまいますので、なかなか気に入らなかった時には、早めに相談してみたほうが自分の気持ちとしてもいいでしょう。
このように、生乾き対策と同時に、パーマ液の臭いでないかどうかも念のために確認しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

 

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<