ラグ 生乾き 臭い

ラグから生乾きの臭いがしてくる時にはどうすればいい?

スポンサーリンク

生乾きの臭いがしてくるのは何も衣服だけではありません。
ラグから生乾きの臭いがしてくるということもあります。
普段なかなか洗うことができないようなラグなどまで生乾きの臭いがしてくるような時にはどのようにすればいいのでしょうか?
ラグから生乾きの臭いが生じてくる原因も、衣服などと同じく、汚れを栄養にして増殖する雑菌が関係しています。
ですので、その原因となるものを除去していくことが大切になります。
まず、汚れの中でも特に雑菌の繁殖に関係してくるものとしては皮脂汚れがあります。
普段生活している場所における家具なので、どうしても皮脂汚れが付着してしまうのは仕方のないことではありますが、時々クリーニングに出すなど、汚れを落とすように心がけたいものです。
部分的に洗浄を行うというのも汚れを落とすという意味では効果的です。
また、普段裸足で生活しているところを、靴下で生活するようにするだけでも、汚れの付着をある程度抑えることができるようになります。

スポンサーリンク

また、汚れを落とすだけではなく、菌の数を減らしていくというのも臭い対策としては効果的です。
例えば、除菌効果のあるスプレーや、アルコールスプレーなどを使用することによって、ある程度菌の量を少なくしていくこともできるようになります。
スプレーを吹きかけるだけであれば、比較的継続しやすいので、日常的なお掃除の中にスプレーをすることも組み込んでおくとよいでしょう。
さらに、時々晴れた日にはラグを干すようにすると、菌を太陽光によってやっつけることができますので、こういったことも定期的に行うことによって、生乾きの臭いを解消していくことができるようになります。
加えて、普段使用しているときに飲み物などをこぼしてしまった時には、すぐにふき取り、清潔にするようにしましょう。
このとき、濡れてしまった部分を自然乾燥させてしまうと菌が繁殖しやすくなってしまいますので、きれいにふき取った後は、ドライヤーなどをつかって熱を加えながら乾かしていくと、菌が繁殖しにくくなり、生乾きの臭いが発生しにくくなってくるのでお勧めです。

スポンサーリンク

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<