髪 生乾き 痛む

髪は生乾きだと痛む

スポンサーリンク

髪の毛を自然乾燥させていると、生乾きの臭いが生じてきてしまうことがあります。
しかし、この生乾きによって困ったことになるのはにおいだけではありません。
髪の毛を生乾き状態にしてしまっていると、髪の毛が痛んでしまいやすくなるのです。
確かに、髪の毛をドライヤーで乾かすことによって、髪の毛が痛みやすくなるという話があります。
熱を髪に与えることによって、確かに髪の毛が痛んでしまいやすいように感じる気持ちは非常によくわかりますが、自然乾燥を行う方が髪の毛は痛んでしまうのです。
自然乾燥していると、髪のキューティクルが開いてしまいます。
その状態がずっと続いてしまうと、外部からのダメージを受けやすくなってしまい、結果として髪の毛がぼさぼさになってしまうことにつながりやすくなるのです。
この状態が続いてしまうと、髪の毛同士がこすれあうだけでも、ダメージが蓄積していってしまい、どんどん髪が痛んでしまうようになります。

スポンサーリンク

ですので、髪の毛が生乾きの状態になっていると、臭いが出てくるだけではなく、髪の毛自体もかなり痛んできてしまうのです。
普段、シャンプーやリンスにこだわって、ダメージケアできるものを使用していたとしても、自然乾燥をして生乾きにしていては、どんどん髪の毛が痛んでいきます。
そこで、きちんとドライヤーを使用して髪の毛を短時間で乾かすことにより、きちんとキューティクルが閉じた状態に戻しておきましょう。
これを行うことによって、髪の毛に加わるダメージを最小限に抑えることができるようになってきます。
ただし、ドライヤーを活用する時には、あまり髪に近づけ過ぎないように気を付けましょう。
確かにドライヤーの熱というのも髪にいいというわけではないので、あまり至近距離でドライヤーを使用してしまうと、それによって髪が痛みやすくなってしまいます。
このような状況を防ぐためにも、ドライヤーはある程度髪から離した位置で使用するように心がけましょう。
正しいドライヤーの使い方をすることで、生乾きを防ぎ、髪の毛にダメージが蓄積されないようにしていきましょう。

スポンサーリンク

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<