髪 生乾き 痒い

髪が生乾きで痒いときは

スポンサーリンク

生乾きのまま髪の毛を放置していると、そこから痒みが生じてくることがあります。
このように、髪が生乾きで痒いときはどのようにすればいいのでしょうか?
そもそも、髪が生乾きのままで放置しているときに痒いと感じてしまうのは、生乾き状態のときに増殖してしまった皮膚の菌が影響しています。
皮膚には常に菌が存在しており、基本的には無害です。
しかし、生乾きの状態が続いてしまうと、普段皮膚に存在しているのよりも多くの菌が発生してしまい、その結果として臭いや痒みの原因となってしまいます。
特にも夜にお風呂に入って、きちんと乾かさないままに眠ってしまうと、そこから菌が次々と増殖してしまって痒みが強くなってしまうことがあります。
せっかくきちんと髪の毛を洗って清潔にしたのに、その後乾かさなかったことによって雑菌が増殖してしまっては意味がないですよね。
それを防ぐためにもお風呂から上がったあとは、きちんとドライヤーを使って髪を乾かすようにしましょう。

スポンサーリンク

また、髪が生乾きの状態で眠りについてしまうと、ねている間に水分を普段よりも多く含んだ髪の毛同士がこすれあうことによって、髪の毛も痛んでしまいます。
塗れている状態では髪の毛同士の摩擦が普段よりも強くなってしまい、キューティクルを痛めつけてしまいますので、そのような観点からもきちんと髪の毛は乾かすように普段から意識していたほうが良いでしょう。
さらに、生乾きの状態で放置してしまうと、抜け毛も多くなってしまいます。
これは、生乾きによって増加してしまった頭皮の雑菌が原因です。
この雑菌はにおいを発生させたり痒みをもたらすだけではなく、皮膚の炎症も引き起こしてしまいます。
その結果、毛穴がダメージを受けてしまい、結果として髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。
もしも、ドライヤーの熱が気になるという場合には、時々冷たい風によって乾かすようにするとよいでしょう。
基本的には熱風で乾かしたほうが良いのですが、常に熱い風が当たっていると、髪の毛が痛んでしまう原因にもなりますので、特にも髪の毛が長くて乾かすのに時間がかかるときには、一部だけに熱風が当たらないように気を付けながら、時々冷風に切り替えて乾かすようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<