生乾き もう一度洗濯

もう一度洗濯する?生乾きの臭いがひどい時の対処方法!

スポンサーリンク

生乾きの臭いがあまりにもひどい時には、もう一度洗濯をやり直そうと考えますよね。
ですが、ちょっと待って下さい!
正しい方法でお洗濯をしないと、何回洗濯しなおしても生乾きの臭いからは解放されません。
正しい方法とはどのような方法なのでしょうか?
そもそも生乾きが起こってしまうのは、洗濯物に菌がついてしまっていて、その菌が同じく衣服に残ってしまった汚れを栄養にして増殖してしまうところに原因があります。
ですので、お洗濯をする際には菌をしっかりやっつけることと、菌を増やさないことが重要になります。
まず、もう一度洗濯をしようとしている生乾きの衣服には、臭いの原因菌がたくさんくっついています。
これをもう一度洗濯したところで、ほかの洗濯物や洗濯機自体に菌を移すだけの作業になってしまい、被害がどんどんと拡大してしまいますので、衣服についた大量の菌をしっかりとやっつけなければいけません。
それができないうちは、いつまでも生乾きの臭いに悩まされてしまうことになるでしょう。

スポンサーリンク

そこで、菌をやっつけるための方法をとっていくことが大切になるのですが、その方法の中で一番簡単なものは、洗濯物を熱めのお湯につけることです。
菌は熱に非常に弱いので、数十分お湯につけておくだけで、ほとんど死滅します。
そのほかにも、殺菌作用のある漂白剤で漬け置きしておくというのも効果的です。
いずれにしても、菌をきちんと取り除くことが重要ポイントですね。
その上で再度お洗濯をした後は、すぐに乾かしてあげることが必要です。
理想としては乾燥機を使用できればよいのですが、ご家庭にない場合には、エアコンのドライの機能や扇風機による送風などが効果的です。
もちろん、外に干すことが可能なのであれば、日当たりがよく風通しも良い場所を選んでしっかりと乾かしてあげましょう。
これらのポイントを理解しておくだけでも、かなり生乾きの臭いからは解放されます。
もう一度洗濯することは必要になる場合もありますが、やり方を間違えないように気をつけて下さいね。

スポンサーリンク

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<