生乾き 臭い 電子レンジ

電子レンジを使った生乾きの臭いを取る意外な方法とは!?

スポンサーリンク

せっかくお洗濯をしたというのに、生乾きの何とも言えないにおいがしてきて悲しくなってしまったと言うご経験はありませんか?
また、あらためて洗濯をするのも面倒ですし、なにより、今すぐ使おうと思っていた服などが臭ってしまっていると、焦ってしまいますよね。
こんな時に生乾きの臭いを取る良い方法はないのでしょうか?
そこで、効果的なのが、電子レンジを使った方法です。
生乾きと電子レンジと言うのは全く関係ないようにも感じられますが、実はこれが非常に効果的なのです。
生乾きの場合には、衣服にその原因となる菌が付着してしまっています。
ですので、この菌を殺菌することができればあの生乾きの臭いを解消することができるのですが、ここで、電子レンジを活用して熱を加えてあげることで、原因菌をやっつけてしまいます。
そのようにすることで、臭いのもとを断つことができるのですね。

スポンサーリンク

やり方としては、臭いを取りたい洗濯物の全体を軽く湿らせて電子レンジで温めます。
洗濯物の大きさで加熱する時間は変わってきますので、数十秒から始めて、少しずつ調整するのが良いかと思います。
しかし、この方法には注意点があります。
それは、使用できるものというのがタオルなどのような綿100%のものだということです。
化学繊維などの場合は発火してしまうおそれがあるので注意してください。
また、全体を湿らせるというのも大切なポイントです。
湿っていない箇所があると、そこから発火してしまう恐れもあります。
大きな事故や火事に発展してしまわないよう、やり方を間違えないようにしてくださいね。
行う時には、決して電子レンジからは離れないようにしましょう。
事故があってからではいけません。
そのようにならないように十分に気を付ける必要があります。
それから、繰り返しにはなりますが、服の素材をきちんと確認して、この方法が使用できるかどうかをきちんと確認しておきましょう。
きちんとやり方を押さえていれば、とてもお手軽で効果的な対処方法です。
興味があれば、一度お試しくださいね。

スポンサーリンク

 

 

生乾きのホントの原因は洗濯槽の汚れ!

 

生乾きの臭いが出てしまうのは、
服にくっついた雑菌が、
お洗濯で落としきれなかった服の汚れを栄養にして
どんどん増殖してしまうことです。

 

そして、洗濯槽のお掃除をしないで放置していると、
どんどん菌が増えてしまうため、
お洗濯をするたびに服に雑菌がくっついてしまうのです。

 

そのため、洗濯機の中をきれいにしておくことが大切です。
最近は、手軽に菌を減らすことができる商品の人気が高まってきています。
試しに使ってみるといいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の生乾き臭対策グッズはこちら♪<<<